iPhoneの世代ごとの違い

iPhoneは初代から3GSまでと4から4Sそして5から6Plusまでいくつかの大きな世代間の変化があります。

現在3GSまではサポートが実質的に終了しており、多くのユーザーは5以上のiPhoneを利用していると考えられています。

ソフトバンクの機種変更の有益性の紹介です。

iPhoneは4からRetinaディスプレイという高精細なディスプレイが採用されています。また、4からCPUも強化されてよりアプリの実行環境として強化されており、iOSの進化に実質的についてきているのが4以降とも言われています。

iPhone6sの予約の情報が欲しい方必見です。

CPUの強化はどの世代でも行われてきていますがiPhone5では縦長になり、ディスプレイの解像度が強化され、また、カメラの機能も強化されています。



また5Sでは指紋認証も追加されました。

5や5S以降はCPUの強化のほかにGPUと呼ばれる3次元を扱うためのICチップも強化されています。


そのため、5以降は3Dのゲームがとても多くなっており、6や6PlusとどんどんGPUが強化され、コンシューマー機に迫る性能があると言われています。

6ではさらにディスプレイ解像度がアップし、ついにPlusでHD画質を手にいれました。
ただ、下位のiPhoneは画面サイズが小さいので6や6Plusからは互換モードが用意されています。
5や5Sでは縦長になっただけなので上下に黒い帯が表示されることで対応ができています。

世代を重ねるたびにパワーアップしてきていますがどの世代でもアプリを快適に使える仕組みを用意していることもあり、ユーザーからの世代間の差に対しての批判は少ないです。